夏のニキビケアの基本

思春期の頃は、ニキビに悩まされ続けていました。

ニキビが出るたびに潰して、膿を出すようにしていました。顔もしっかり洗浄していましたし、専用のニキビ対策の薬品なども利用してきましたが、効き目はあまりなかったように思います。

そんなに酷くはないのですが、今、顔を良く見ますと、ニキビの跡が残っているような状態です。体質によりニキビが出来ない人もいます。とても羨ましいですね。5a6a399a8a564a2eb7e5d84db394ef63

思春期のニキビは男性ホルモンの分泌が盛んになることによりできるものです。したがって、思春期を過ぎますとニキビは自然になくなります(跡は残ってしまう可能性が高いですが)

しかし、大人になってもニキビが出る方は、それなりの生活を送っている場合が多いです。たとえば、生活のリズムです。睡眠不足や運動不足などにより、皮膚の角質が毛穴に詰まり、さらに脂質を分泌してしまうという悪循環になります。また、食生活も大切なことです。

437

最近の日本人は食生活が欧米化されており、肉類を摂取することが多くなりました。肉類は、脂質をたくさん分泌させる成分となりますので、できれば、野菜中心の食生活にすることが望ましいと思います。

また、ストレスになりますと自律神経がうまく働かず、ホルモンのバランスが悪くなり、ニキビができやすい皮膚環境になってしまいます。ですから、まずは日々の生活環境を見直すことも必要です。

スキンケアで外部から肌を守ることも大切ですが、体内の状態により、ニキビが増えることもあるのです。以下に男性のための夏のニキビケアについて説明します。参考にしていただけたら幸いです。niki75

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket