食生活とニキビの関係

seni01

ニキビを抑えるとともに皮膚の状態を良くするためには、スキンケアを念入りに行うことや、サプリメントを摂るなどさまざまな方法がありますが、肌は、栄養の摂取状態により最も早く影響される部分です。

外部から潤いを補給することで、一時的にハリを取り戻すことができるのですが、体内から根本的な改善をする場合には食生活の改善が必要があります。ニキビや吹き出物は便秘などになりますと、発症する症状です。

体内に老廃物が溜まっているために、ニキビや吹き出物が出やすくなってしまうのです。したがって、老廃物をしっかり排出することが大切で、食物繊維をなるべく多く摂取して、腸内環境を改善することが必要です。

また、糖質や脂質の摂り過ぎは、皮脂を増やしてしまい、ニキビが増えますので注意しましょう。急にニキビが出来たような場合には、甘いものは避けて、できればヨーグルトやキノコ類、海藻類などを摂るようにしましょう。

yasai-sessyuryou6

紫外線対策のためには、新陳代謝を活発にして、肌のハリを良くするために、ブロッコリーやキウイなどをオススメします。

肌の潤いを保つためには、ビタミンを摂取することが良いです。オススメの食材は、レバーやうなぎ、あん肝などです。また、ニキビを発生させないようにするためには血行を良くすることも大切です。

ですから良質なたんぱく質や鉄分、ビタミンCが良いです。オススメの食材は、レバーやほうれん草、小松菜などです。以上が体の中からニキビを防ぐ食生活です。

スキンケアをしっかりすることはもちろん、食生活も大切な要素ですので、肌に良い食生活を送るように工夫しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket