夏にできやすいニキビの対策方法

ニキビは年中できるものですが夏になりますと、特にニキビが出やすいとう人も多いようです。夏のニキビは、皮脂分泌が普段より活発になることや、角質が剥がれやすいことに起因するようです。 f5567af57d56721da3379b456b915eca

夏は、気温が高いので、毛細血管が膨張して血行が良くなり、皮脂の分泌量も増えるのです。他の季節に比べますと分泌量は2倍にも及びます。また、汗をかいた後の肌は、角質が落ちやすいデリケートな状態です。角質層から多くの角質が失われることにより、毛穴が硬くなったり、皮脂を溜めやすい肌環境になってしまうのです。

そこで、特に夏に対応すべき予防法について以下に説明します。

453d311ba7917d2891745cdbb8badffe

まずは、丁寧に洗顔をすることです。ただし、適度な洗顔が必要です。1日に数回あわ立てた洗顔料を利用してやさしく洗顔することです。そして、紫外線やエアコンは皮膚を乾燥させてしまいます。ですから保湿対策をしっかりしましょう。

そして夏場に多く発生する紫外線はニキビの天敵です。できれば、屋内にいるときでも日焼け止めをすることが必要です。日焼け止めを塗りたくない方は、ノンケミカルの日焼け止めを利用されるとよろしいと思います。

また、暑くなりますと、食欲が減退して、冷たいものを摂取したり、質素な食事で済ませようとする方が多いと思います。肌の状態を維持するためには、必要な栄養素を摂取しなければなりません。ビタミンや大豆などをバランスよく摂ることが必要です。

519

体の内部と外側からの双方のケアが必要になりますので、なるべく日焼け止めを利用し、バランスの良い食事をすることを心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket